道東の野生虹鱒をフライで釣る方法

道東の野生虹鱒をフライで釣る方法

直十(c)

【 野生虹鱒の現在 】

今や、日本において、虹鱒が普通に自然繁殖できる場所は北海道以外にない。

本州の川に虹鱒がいるとしてもそれは、養魚場から逃げたものが野生化しているか、漁協や有志が稚魚あるいは成魚で放流したものの生き残りである。

これは、渓流の上流部に建設されまくっている砂防堰堤とダムのせいで、産卵行動に使える細流に親魚が到達できないからである。

事実、あちこちの渓流を釣り上がったぼくは、絶壁のようにそそり立つ砂防堰堤のコンクリート壁に何度も行く手をはばまれている。

本州において堰堤(取水や砂防、洪水調節用など)というものが一基も造られていない川はおそらく数本にすぎない。河川の仕事をしている役所のひとの熱心さからいうと、すでにゼロであるかもしれない。

川の中流部で産卵行動をおこなう魚(鯉やハヤなど)は自然繁殖が可能だが、細流を産卵場に使う魚種では不可能である。川が通行止めになってしまっているのだから。

最終堰堤のさらに上流、最上流部でしか生息しないイワナの仲間は自然繁殖が可能で、ぼくもそんな本州の川を何本か知っている。

でも、虹鱒は細流と本流を頻繁に行き来する(時には海に降る)魚なので、こんな環境では繁殖できない。

ちなみに、「魚道」というものが造られるのは、人目につきやすい中下流部でのみ、である。国土交通省のひとたちは、魚道建設をひとつのアピールとしか考えていないフシがある。

直十(c)

北海道の川

北海道では、砂防ダムや取水堰堤の建設をまぬがれている川がまだ残っている。

水を引く稲作をおこなっている地域では取水堰堤の構築が不可欠だが、畑作や酪農地帯では堰堤は不要。勾配のゆるい川では砂防堰堤の必要性(勾配のきつい川でも必要性があるのかは疑問だ。なぜなら、建設後何年か経てば砂防ダムは上流から流れてくる土砂で自然に埋まり、「砂防」の役割を果たせなくなるのだから)もない。

しかも、気候が冷涼であるために、渓魚が本州より標高の低い場所で棲息している傾向にある。知床半島の川などでは、波打ち際から30メートルくらいしか離れていないポイントでイワナの仲間である野生のオショロコマが釣れる。

ちなみに、知床半島の川はこれでもかというほど砂防堰堤だらけである。【世界自然遺産】が笑わせる。

この指定を受けるときに障害になったのがこの砂防堰堤で、ごまかしみたいなことをやって指定にこぎつけた、ということをウトロのひとから聞いたことがある。

川の下流に誰も住んでいないし、そもそも守るべきものがなにもないのに「砂防」ダムがあったりするのだから、業者の売上をあげるためだけの構築物であるのが見え見えだ。

だからといって壊したりもしない。【?】マークしか出てこない。

川では鮭鱒は禁漁だが海ではフリーであることから、北海道の釣り人は、川よりも海での釣りを熱心におこなう。自然と、川の魚は乱獲からまぬがれる。

また、虹鱒は山女魚よりも下魚だと古くからの釣り師に思われていて、彼らの獲物としては喜ばれない。

北海道では伝統的に、山女魚の1.2年魚(「ピンコ」と呼ばれる)を大量に釣って素揚げや佃煮にして食する習慣がある。

ぼくは、クーラーボックスを持ってこの釣りをやっているおじさんに川で何度か遭遇したことがある。自分でも試してみたが、初夏の清冽な味という感じ。さばくのが面倒なので最近はご無沙汰している。

これらの理由により、川の虹鱒が自然繁殖できる環境が(結果として)整っている。

本州では川釣り人口が多いのに、北海道では圧倒的に少ないということも大きい。

比較的大きな都市のすぐそばにも鱒が棲息する川があったり、住宅街の裏で大物がふつうに釣れたりする。この釣りの愛好家なら毎日でも竿を出すことが可能なはずだが、場荒れはあまりしていないところを見ると、釣り人の絶対数が少ないのだろう。

また、大きな川の中流部にダムが造られている場合、その上流には桜鱒が遡上できないために、虹鱒の格好のテリトリーになっているケースもある。オショロコマが棲息するには下流すぎる部分で、ということだ。

桜鱒が大量に遡上する川では、虹鱒よりも山女魚や桜鱒が優勢になる傾向がある。川でエサ取りに定位するポイントが虹鱒と桜鱒は重なるのだが、桜鱒がいなければ虹鱒はのびのび暮らせる。

専門家が書いた桜鱒についての記述のなかに、「桜鱒は川に遡上してからはエサを摂らない」というものがたまにあるが、これは明らかな間違い。桜鱒はトビケラを模したドライフライにさかんにアタックしてくるし、ルアーにも食いつく。

ぼくが以前住んでいた県では川で桜鱒を釣ってもOKだったので、釣って腹を割いてみたら、飲み込んだ魚や水生昆虫が胃袋に入っていたことがある。そもそも、春に遡上して産卵の秋までなにも食べなければ魚の命を維持できるわけがない。

ちなみに、雨鱒は桜鱒や虹鱒とは定位するポイントが違う。雨鱒はどちらかというと流心を避ける傾向があるが、桜鱒と虹鱒は流心を好み、ガンガンと大きく波打つ流心からドカーンと出ることがあって驚かされる。

【 フライとテンカラ 】

虹鱒にはカディスフライを使うのがぼくの定番になっている。これには確かな理由がある。

フライフィッシングの教科書には、西洋式の【マッチザハッチ】(流下している昆虫に似たフライ)で攻めるように書いてある。黄色いカゲロウがハッチしているなら、そしてそれを魚が食べていると思われるのなら、それと似た毛鉤を使いなさい、ということだ。

それは間違いではない。正攻法だと思う。でも、それが絶対でもない。

日本には昔から、【テンカラ】という釣法がある。釣った渓魚を旅館などに卸して生計を立てていた職漁師がおこなっていたやりかただ。

そこで使われる毛鉤は【マッチザハッチ】とはまったく関係がない。6番とか8番くらいの大きめの釣鉤に下巻きをして、ニワトリの白いハックル(羽毛)をパラリと巻いただけのもので、なんの昆虫とも似ていない。

これで、バンバン釣る。釣れないと食っていけないのだから、職漁師が釣れない方法をとるわけもない。一番釣れる方法を選択するに決まっている。

ぼくは渓流釣りはエサ釣りから入り、知りあいがやっていたテンカラをやってみて、そのあとフライフィッシングをやるようになった。ルアーもやってみたが、お金ばかりかかるわりに釣れないし、で。フライフィッシングの釣り味が一番なので、こればかりになった。

テンカラ師は毛バリをナチュラルにも流すが、積極的に動かして魚を誘うこともある。毛バリを沈めたり浮かしたり、自由自在に操る。ルアーのように使い、フライのようにも使い分ける。

テンカラはシンプルでありながら世界が広い。川を見る能力や毛バリの飛ばし方や動かし方など、釣り人の技量に釣果のほとんどが、かかっている。

最近、アメリカではテンカラをやるひとが増えつつあるのだという。テンカラサイトがけっこう人気らしく、活気がある。

基本的には、釣りは釣れればいいんだから、単純なのがいい。イギリスの釣りは伝統を重んじる格式ばったマッチザハッチだったけど、それを実利的に単純化していったのがアメリカの釣りであるわけで、それをさらにシンプルにしていったらテンカラに行き着いた、という構図だとぼくは思う。

なにより、毛バリをルアーのように使えるということが釣果を伸ばす大きな要因になっている。

比べてみればよくわかるが、ルアーでの釣果はたいていの場合、フライでの釣果に勝る。数だけでなく、より大型が掛かるのもルアーのほうだ。ルアーが魚を引きつける能力はフライよりも高い。

光り、動き、沈み、浮きあがる。これらルアーの特性をテンカラ師は毛バリで表現する。だから、ハックルは白と決まっている。明度でいえば、一番だからね。これで光をあらわし、竿を操作して魚を誘う。

直十(c)

カディスフライは使えるフライ

ぼくもこの方向性に賛成だ。道具立てはフライフィッシングのものを使っているが、中身(ソフトウエア)はテンカラと変わらない。

カディスフライなら、テンカラ毛バリと同じように使える。フロータント(最近はココナツオイルを使っています)を塗れば浮かせることができるし、塗らずにおけば沈めることができる。アップストリームで(上流に向かって)投げればナチュラルドリフト、ダウンストリームで(下流に向かって)投げればルアーのように逆引きができる。巻き返しではミノーのように動かすことも可能だ。

渓流の虹鱒はナチュラルドリフト(自然に流すこと)よりも、上流側からの逆引きに反応することが多い。こんなとき、パラシュートパターンだとフライが回転してしまって具合が悪い。カディスフライなら姿勢が安定したまま逆引きが可能だ。

巻くのも簡単。ぼくのように老眼が来ていてもすばやくできる。

ボディには光モノを混ぜる。夏場にはなんとなく緑色を使う。春ならグレー。秋ならオレンジ。でも、何色であっても釣果に大差はない。釣り人が使いたい色でボディを巻けばそれでOKだ。

巻くハックルはグリズリーでも茶色でも白でも何でもいい。ボディ同様、何でも釣果は変わらない。

ハックルファイバーの長さもテキトウでかまわない。短すぎるよりは長いほうがいいが、これは、実釣時に枝などにひっかかりにくくするためだ。ファイバーが「ウイードガード」のように働いて、枝を巻いてしまってもゆっくりひっぱればクルクルと外れてくれる。

「合わせ」をしっかり決めるように心がけておけば、魚のアゴはきっちり貫通する。

ウイングのエルクヘアーの色は、ナチュラルと白の二種類用意する。白のほうが反応がいい時とナチュラルがいい場合がある。

ウイングに使うヘアーは、知床近辺の土産物店で売っている冬毛のエゾジカの敷物が(たぶん)使える。知床の冬は超寒いので、ヘアーには空気がいっぱい含まれるよう中空構造が大きい、のではないかと。

1枚1万8000円ほどだが、フライショップで同じ量のエルクヘアーを買ったらいったいいくらになるのか想像もつかない。ぼくがもっと若くて、毛バリをあと20年巻くのなら買ってもいいのだが、たぶんそんなに時間は残っていない。1年で1000円分使うかどうかというところだから10年で1万円。専用品のほうが安上がりだ。

でも、お店の前を通るたびに「試してみたい」と思ってしまう。どなたか、いらなくなったシカの冬毛の毛皮があればぼくにください。

【 竿とリール、そのほかのタックル 】

タックル(道具立て)は4番か5番のもの。

ぼくは、渡渉が可能なくらいの川でしか釣りをしない。そのくらいのサイズの川に合うのは4.5番くらいのものだ。3番だと風の強い日には使い物にならないし、50センチくらいの魚を寄せるのにものすごい苦労をすることになり、釣り人にも魚にも大きなダメージを与えてしまう。

新しいフライロッドを手に入れました
ハードオフに行ったら、その竿が光って見えました。 ガイドがふつうのクロームのものじゃなくて黒っぽい細身のパーツで、かっこいい。ストリッピングガイドの足が2本ずつある(ホプキンスタイプというの......

最近のぼくは4番を使うことが多い。別項でも書いたけれど、最近手に入れたTIEMCOのInfante7ft6in4番(かなり旧いモデル)の調子が抜群に良いので、こればっかりなのです。

このあいだ50センチオーバーの雨鱒にもノサれなかったくらいバットがしっかりしてるのに、軽量。しかもシャープなキャスティングができる。フックキーパーが実用的なところもグッとくる。ブランクの青がうつくしい。

リールは昔のROSSのシマロン-1が、重さも風合いもこの竿とピッタリ。

ぼくは初心者には5番のタックルを勧めるようにしている。この番手なら、フライラインの重さを竿に乗せやすく、キャスティングを覚えるのがぐっと容易になる。

最近、釣りに同行することが多いパートナーには5番ではじめてもらったが、2.3年でもうきわどいポイントに投げられるようになっている。これであとダブルホールを覚えれば飛距離も出せる。

ぼくはその昔、4番で始めたものだから、なかなかうまく投げられなかった。軽すぎたんだ、今思えば。

4番はベテラン向きのタックル。3番は通向け。5番で始めればもっとスイスイ行けただろうになあ。

でも当時は3番が流行りだった。ぼくも買ったものね、3番のウインストン。

4番では風の日にはむずかしすぎ、6番では重すぎて疲れてしまう。やっぱり5番が最初の最良タックルだと思う。これなら重いニンフフライ(水中の水棲昆虫を模した毛バリ)もなんとか投げられるし、止水でも、管釣りでも使える。

フライラインはフローティングで両側が使えるダブルテーパー(DT)が経済的。渡渉可能なくらいのサイズの川であれば、遠投の必要はほとんどないのでウエイトフォワード(WF)は必要ない。シンキングラインを使うようなシチュエーションはまず、ない。色は好みでかまわない。何色でも釣果はかわらない。

釣りを始める前にラインクリーナーを塗布しておく。

以前はホームセンターで安く売っている「シリコンスプレー」を吹きかけていた。これは溶剤が入っていないのでフライラインにも使えるものだが、噴霧するとものすごく冷えるので、ラインが硬化して劣化してしまうんじゃないかという気がして気がして、ね。ま、たぶんそんなことにはならないだろうけれど、TIEMCOのラインクリーナーを使うようになってからは使わなくなった。

今は、フライラインの先につけるリーダーは手編みのものを使っている。

12ポンドラインを三つ編みにしたもの(両端はひと結びしておく)、10ポンドラインを三つ編みにしたもの、8ポンドラインを三つ編みにしたもの、6ポンドラインを三つ編みにしたものを30センチくらいずつダブルサージャントノットで連結。

その先に12ポンドラインを30センチくらい、10ポンドを40センチくらい結び、その先に1メートルくらいの8ポンドティペットを結ぶ。これが標準のプロフィール。10ポンドが40センチなのは、8ポンドティペットを結び直すときのロスト分を上乗せしておくため。

最初は市販品の「ノットレスリーダー」を使っていたけれど、何度も糸を継ぎ足して使っていると、自然に「ノッテッドリーダー」になる。それだったら最初からノッテッドリーダーにしたらいいじゃん、と、そう思った。あのような単純なものに何百円も出すのが無意味に思えてきたし。

そのころテンカラのテーパーラインの作り方(糸を撚って1本ずつ作る)を本で読んでいたので、さっそくやってみると、糸を結ぶ手間を惜しまなければ、リーダーは容易に作れることがわかった。使ってみて不具合があれば自分でプロフィールを変えればいいのだから、フレキシブルだし。

ノットありリーダーなので結び目が多く、蜘蛛の巣が絡みやすいが、すぐに慣れる。というか、ノットレスリーダーを継ぎ足して使っていたころとおんなじ。ターンしにくいなと感じたら、強めにフィニッシュするか、ターンのしにくさを利用してドラッグ(フライがひっぱられてしまうこと)を回避する。

使っているラインはみな、ふつうのナイロンライン。フロロカーボンは重いので沈みやすく、ぼくは使わない。ティペット専用と称して売っているラインもぼくは使わない。記録を作りたいわけではないので、【X】表示のラインを使う必要はない。なにより、高価すぎる。

20ポンドのバッキングライン(下巻き糸)は100メートルくらいは巻いてある。

でも、川の実釣でバッキングまで出されたことは一度だけだ。それは、ちょうど遡上してきていたカラフトマスの背中にスレがかりして川を下られたときのことで、このときは魚を強引に止めようとしたら竿が折れた。ティペットに10ポンドラインを使っていたので、糸が切れるよりも先に竿がやられてしまったというわけ。ORVISのPM-10、7番がフェルール近くでボキッといった。

スレじゃなくて、通常の位置に針がかりしたときは、バッキングまで出されたことはない。その前にバラしているか、寄せに成功しているかどちらかだ。

魚に走られたら、ボーッと立ってないでいっしょにぼくも走る。それが習慣化しているということもあるかもしれない。

【 釣り方 】

西別川などの湧水の川では釣り下りが標準だ。このような川では水量が年中一定なので川原がなく、水の中をずっと歩かなくてはいけない。

このような川で釣り上がると、体力を異常に消耗する。そのうちに腿が上がらなくなって、歩けなくなる。

ぼくは以前、虹別という町の近くの西別川で雨の日に釣り上がり、疲労で歩けなくなって遭難しそうになった苦い経験がある。

川原がある、つまりは暴れることがある川の場合は基本的には釣り上がる。上流に向かって釣りながら歩いて行く。

フラットなポイントなら川下からアップストリームでフライをキャストして魚を掛けたい。そうすれば、魚の向きの反対側からチカラを加えることができるので、バラす可能性をもっとも低く抑えることができる。

この場合、魚がフライに出てもすぐには合わせず、フライラインが魚にひっぱられていくのを目視してから、毅然として、しかも優しく竿を立てる。

45センチ以上の大型の野生虹鱒の場合、早合わせはフックセットが甘くなりがちで、かなりの確率でバラしてしまう。

早く合わせなくとも、食い気のある魚はすぐにフライを離したりはしない。すばやくフライを離してしまう魚は「釣れない魚」であると見切ることが肝心だ。

首尾よく魚にフックセットしたら、こんどは魚との駆け引きが待っている。かかったあと上流に昇りたがる魚と下りたがる魚がいる。

前者なら、駆け引きは容易だ。ファイトのあいだずっと魚を上流に置いておけば、獲れる確率は高い。

魚が下る素振りを見せたら、釣り人がカラダでそれを妨害するように移動する。サッカーのゴールキーパーのように、ルート上に立ち塞がればいい。

魚が疲れてきたら、流れ下るルート上にランディングネットを構えて、後ろからそっとすくう。前からネットに入れることにこだわることはない。入ればこちらの勝ち、入らなければまた最初からやりなおす。

その防衛線が破られて魚に下られてしまった場合は、魚との位置関係を元に戻すように釣り人のポジションを移動させる。魚が下流に位置しているとどうしてもバレやすいので、釣り人はなんとかして魚よりも下流に移動するようにする。

直十(c)

フックセット後、魚にすぐに下られた場合も同じように対処する。魚を掛けた位置から動かずにいると、かなりの確率でバラすことになる。魚の重さに川の流れのトルクが加わって、ラインが切れるか魚の口が切れるか、フックが伸びるか、竿が折れる。

60センチ前後を掛けてしまったとわかった場合は、あまり刺激をあたえないでおくと、魚が釣られたという状況に気づかない場合がある。魚はフックをくわえたまま、暴れないでじっとしているものだ。

ラインにあまりテンションをかけずにゆっくり近づいていって、なにげに差し出したネットに魚を入れてしまったことが二度ある。魚は状況がうまく飲み込めず、とまどっている感じだったのがおかしかった。55センチと60センチはこうやって獲った。

このサイズの健康な野生魚に強烈な刺激を与えたら、ものすごく抵抗される。突っ走る。ジャンプをくりかえす。こうなって、正面きって戦われたらフライフィッシャーにはまず勝ち目はない。獲れれば、それは奇跡だといっていい。そのくらい、大きな野生魚は激しく暴れる。

ファイトへの対処

ジャンプをされた場合、釣り人は竿を横に倒してラインのテンションを保ったままにしておくことが必要だ。竿を立てたままにしておくと、ジャンプした魚と竿先の距離が短くなってラインがたるみ、バレることが多い。

ぼくは、このジャンプへの対処法を10数年ほど前に管理釣り場でずいぶん練習した。今ではジャンプされたら自然に手が動くくらいになっている。

直十(c)

ものの本には、不用なラインはリールに巻きとってファイトに臨むのがいいと書いてあるが、ラインのテンションを保ったままでラインをリールに巻き取るのはなかなかむずかしい。

巻き取ることにばかり意識がいってしまい、魚との間のラインのテンションがゆるんでしまってバラしたことが何度もある。これでは、本末転倒そのもの。今では、よっぽどの余裕があるとき以外は、積極的にラインを巻き取ることはしなくなった。

それよりなにより、余ったフライラインをみな引っ張っていくくらいの大物にこそ必要なテクニックなんだね、これ。だったら釣り人が無理して巻き取ることなんか必要ない。出されるのなら、リールに巻き取る。左手でたぐれるのなら、手でたぐる。バランスが肝心、ということ。

直十(c)

逆引きはとても有効な手

アップストリームでは何度キャストしても出てこなかったのに、そのポイントを追い越して、上流から流しては引き、流しては引きをやっていると、魚がたまらず出てくる場合がある。

とくに波立っている瀬ではこのテクニックが有効。フラットな淵では魚にこちらの姿を見られやすく、あまりチャンスはない。

瀬をよく見て、ほかの部分に比べてやや流れがフラットに見える部分が狙うべきポイントだ。これは相対的なもので、流れが静かな部分という意味ではない。

底の形状が他の部分に比べて、よりえぐれている、つまり暗く見える部分も良いポイントである。この暗く見える部分が直径50センチくらいしかなくとも、魚が潜んでいる可能性がある。

虹鱒に限らず、たいていの魚は【カケアガリ】を好むものだ。凹んでいる、出っぱっている、段差がある、そのような底の地形に魚は寄りそう。地形だけではなく、光の変化、つまり明るい部分と暗い部分の境目も好むようだ。なにも変化のない場所には、まず、魚はいない。

逆引きの場合、魚がフライにアタックしてくるのは、フライが自然に流下している時が多い。ひっぱられている時に魚が目で認識し、流下のタイミングで行動に移る。

瀬ではこんな感じで出るが、静かな淵で逆引き(リトリーブ)する場合は、ひっぱっているときに魚がアタックしてくることが多い。動いていないと興味を失うのかもしれない。

直十(c)

瀬を釣る場合は、魚との距離を詰めても、上流側から狙っても、あまり釣果に影響はない。水面が荒れているせいで、魚は釣り人に気づきにくいようだ。必要以上に離れたりせず、フライが思うように流せるようなポジションをとってかまわない。

この逆引きで魚を釣る場合は、魚がフライにアタックしてきた瞬間に竿を持った手を若干ゆるめる感じでラインを送り込み、その後竿をしっかり握るようにするときっちり針がかりしてくれるので、バラす確率は減る。

とはいっても基本的にダウンストリームの釣りなので、バラしやすいシチュエーションではある。

【 エゾシカが与える影響 】

北海道でも、シカの多い地域の渓魚は、川岸を歩くものに鈍感である。これはぼくの推測だが、魚たちはしょっちゅう水辺に来るシカに慣れっこになっているので、同じように川岸を動きまわる釣り人に対して恐れることも逃げることもない、のではないか。

シカは魚に悪さをすることはいっさいないわけだから、ただの無害な生き物と認識している。人だってシカだって水中から見たら同じようにしか見えないだろうから、ずいぶんポイントに近づいても釣りになるのではないか。

このあたりが、本州の渓流釣りと大きく違う点だ。本州の渓流でシカの足あとを見ることはまずないが、北海道の山に近い渓流ならシカの足あとだらけ。そんな川で釣りをするのなら、ポイントまでうんと近づいてもOKだ。

manfredrichter / Pixabay

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存